三条京阪・川端御池の京都らしい路地奥にあるフランス料理店 "ルレ・ヴェルダン" 平安神宮・京都市美術館・琵琶湖疎水など岡崎周辺散策後にお立ち寄り下さい
ルレ・ヴェルダン メニュー お客様へ アクセス ブログ ホーム
Relais Verdun ルレ・ヴェルダン

悩めるワイン

 

 

 

よく、お客様から「ハーフボトルのワインはないのですか?」と尋ねられますが、

残念ながら、当店にはハーフボトルはご用意がありません。

 

当たり前ですが、量はフルボトルの半分です。

しかし、量が半分だからと言って、単純にお値段も半分と思いがちですが、そうではありません。

かえって割高になり、値付けに困ってしましうのが現状で、

赤だとハーフボトルでも消費税を入れますと3,000円を超えそうです。

 

当店にはフルボトルのご用意しかございませんが、飲み残されたワインはお持ち帰りいただけますし、

もしくは、お料理に合わせて何種類かのワインをお召し上がりいただくかになります。

グラスワインのメニューの「カラフェ」でのご提供も前向きにシェフと相談しております。

少しお時間をちょうだいしますが、今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新しいワイン

  

 

 

 

ずいぶん暖かい日もありますが、寒暖の差にいまいち身体がついてゆきません!

皆さまは、お元気に過ごされていますか?

 

先月は初めて「京都レストラン ウインタースペシャル」に参加いたしまして、

おかげさまで、例年静かなはずの2月も、いつもより賑やかになりました。

ご来店下さいましたお客様、誠にありがとうございました!

 

酒屋さんで在庫が切れてしまったり、しばらくの間ほったらかしで、

手付かずだったワインリストの見直しをぼちぼち始めました。

今月中には出来上がる予定です。

 

シャンパーニュは新たに2種類、ブルゴーニュ マコネの白が3種類、

コート・シャロネーズの赤が1種類、コートデュローヌのロゼ 1種類

南西地方の貴腐ワイン 1種類が新たにリストに加わります!

 

フランス南西地方の「モンバジャック」は、

貴腐ワインで有名なソーテルヌのトップクラスに負けずとも劣らない品質です!

(貴腐ワインは、造る過程の難しさや原料となるブドウ自体が貴重なので高級ワインに分類されます。

成熟した特定のブドウに貴腐菌が繁殖して、なおかつ特定の気候条件が揃う場合のみ「貴腐ブドウ」に成長します。)

 

甘いワインがお好きでない方もいらっしゃいますが、

チーズやデザートと合わせると、とても美味しくいただけます♪(クラクラッとするほどおいしいです)

モンバジャックはボトル売りですが、グラスワインではソーテルヌの貴腐ワインも置いております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ワインの試飲会

 

 

 

 

シェフとワインの試飲会に行ってまいりました。

一度に、ボルドーのグランヴァンの数々を試飲できる、またとない機会です。

 

 

 

高価な値がつくものばかりですが、店に置きたいなと思うものもあり悩めるところでございます。

 

特にソーテルヌの甘口はうっとりするほどの美味しさ!

デザートや、フルムダンベールに合わせたら…、

いったいどんな風にマリアージュするのだろう?さらにさらに美味しいだろうなぁ〜と…。

自分のご褒美用に買いたいくらいです。

 

このような試飲会に参加させていただき本当に勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ワインのダイヤモンド

 

 

見えますか? コルクに付いているキラキラ☆彡

(ワインのダイヤモンドと言われています。)

実物は、照明の加減もありますが、もっとキラキラ輝いています。

 

 

グラスワイン用のボルドーの赤ワイン。

この写真ではわかりにくいですが、抜栓したらコルクの裏がキラキラ輝いていました。

キラキラした結晶の正体は「酒石酸」、ブドウに含まれる果実酸で、

酸がしっかりとした良いワインである証しです。

 

2009年のボルドー。

グラスで、税込1,000円でお出ししております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


おすすめ白ワイン

 

 

 

昨年からグラスワインのメニューに仲間入りした、白の中甘口「エリザベート」。

 

本当は、他のワインを買うつもりだったのに、担当のY氏に試飲をすすめられ、

シェフも私も、白は辛口派ということもあり、しかも抜栓していない新しいボトルなので、

買う気がないのに試飲だけするのも申し訳なく思って、

「甘口はちょっと…。」お断りをしました。

が! あまり聞いたことがないセパージュで興味があったのと、Y氏の遠慮しないでとのお言葉に甘え、

結果、即決で仕入れたワインです。

 

中甘口ではありますが、もっちゃりした甘さはではなく、酸味や少しのほろ苦味を持ち合わせ、

温度が上がってくると南国のフルーツのような香りを感じます。

フォアグラソテーにもよく合いますし、

最近、夜のコースのアミューズや前菜の中の一品でお出ししている、

宮崎マンゴーとサーモンマリネとも相性が良いです。

 

お食事と合わせて召し上がっていただくといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/1PAGES |