三条京阪・川端御池の京都らしい路地奥にあるフランス料理店 "ルレ・ヴェルダン" 平安神宮・京都市美術館・琵琶湖疎水など岡崎周辺散策後にお立ち寄り下さい
ルレ・ヴェルダン メニュー お客様へ アクセス ブログ ホーム
Relais Verdun ルレ・ヴェルダン

食器のこと

 

 

 

 

 

 

先日、フランスから嬉しい知らせがありました。

 

お店で使っている食器は、二度と手に入らないものも多くどれも大切ですが、

中でもとりわけ大切にしているお皿が、来年手に入ることになりました!

食器が好きで、お店を持つ前から趣味で集めていたお皿のひとつです。

多分、この機会を逃したら買えないと思います。

手持ちのものは枚数も少なく、今はクリスマスディナーでしか使用しておりませんが、

ディナータイムのお魚料理かデザートで使う予定です。

 

「大蔵省」はシェフですが、お店で使う食器は全てわたくしが選んでおります。

(もちろん、お料理を作り、盛り付けるシェフの意見も聞きます!)

パッと見た感じで料理が映えるかどうかで選びます。

同じ白の器でも、青みがかっていてクールな感じのもの、柔らかい印象の物があり、

お料理がより美味しそうに見えたりそうでなかったり。

同じ料理を同じように盛り付けても、器の色かたちによって印象が変わりますから面白いです。

 

ソルドの時期にパリに行くと、高くて手が出なかったお皿が、

現地では在庫処分でお安くなっていたりするので要チェックですよ!