三条京阪・川端御池の京都らしい路地奥にあるフランス料理店 "ルレ・ヴェルダン" 平安神宮・京都市美術館・琵琶湖疎水など岡崎周辺散策後にお立ち寄り下さい
ルレ・ヴェルダン メニュー お客様へ アクセス ブログ ホーム
Relais Verdun ルレ・ヴェルダン

言ってはいけない!

 

 

今が季節の「ホタルイカ」。

よくお店にお越しいただくお客様や、

ブログを覗いてくださるお客様にはもうお分かりかと思いますが。

ご想像の通りでございます…。

 

常々、「ホタルイカって、ダイオウイカのミニチュアみたいだね」とか、

「ホタルイカ、やっぱり、かたちがダイオウイカに似ているよね」とかシェフに話しておりまして、

いつもそんなことを考えているせいか、お客様にオードヴルの説明をする時、

「今季節のホタルイカ・・・」と言うべきところ、

「今季節のダイオウイカ・・・」な〜んて、絶対に言っちゃだめだ!と思っていたら、

「ホタルイカ」が出てこなくなって、黙ってしまって一斉にお客様に注目されることもしばしば。

 

それが、とうとう本当に言ってしまいました。

すました顔をして「シーフードのタンバル仕立てと、今季節のダイオウイカでございます。」

お客様のビックリされたお顔で気がつきました。

シェフは、厨房からカウンター越しに私を見て笑っています。

お馴染みのご家族のお客様でしたので、みんなで大爆笑でございました。

 

皆さま、お皿の上に「ホタルイカ」が盛り付けられていても注目しないでくださいね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あっという間の3月

 

 

2月は逃げる、3月去るとよく言いますが、

3月は本当に早かったです。

店はさほど忙しくないのに、時間の流れがとても早く感じました。

 

約2年前、ご主人が転勤で東京に戻られることになり、

もうお会い出来ないと思っていたお客様。

京都に来られるご用があり、元気なお顔を見せてくださいました。

 

他にも、毎年同じ時期に京都に来られるお客様も何組かいらして、

お会いするのを、シェフも私も楽しみにしていたりします。

 

大小かかわらず、なにか心待ちにすることがあると時間が早く過ぎる気がします。

 

 

羽田空港の売店で人気のお菓子をいただきました。

チーズが濃厚で美味しかったです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


シアワセな時間

 

 

 

 

 

先日の、ご結婚記念日のお祝いのディナー、

まだ小さなお子様がおられますが、

ご主人のお母様の粋な計らいで、ご夫婦でお食事に来ていただきました。

 

夜のフランス料理のディナーは新婚旅行以来とのこと、

ぷりっぷりのオマール海老も堪能していただきました。

大変喜んでいただき、本当に良かったです。

 

お食事中も、きっと預けてこられたお子様のことが気がかりだったと思いますが、

そこは素敵な beaux parents があの手この手で、

お孫さんと楽しい時間過ごされていたに違いありません!

 

お料理もデザートも喜んでいただき、本当に良かったです♪♬

大切な記念日のお食事にお越しいただき有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Monsieurのテーブルマナー

 

 

桜の開花の知らせが聞こえる中、寒い日が続いておりました。

先日、春分の日にはバタバタと雹が降ったりで驚きです。

寒暖差が激しいので体調には十分気をつけないといけません。

 

今月は、年度末やら、会社の送別会であったり、或いは進学や就職京都を離れられるので…

と、何かとお集りが多い時期でもあります。

 

テーブルマナー!?

いえいえ堅苦しいオハナシではございません!

当店によくお食事に来て下さる男性のお客様。

シェフの元同僚と大先輩で、フランス料理のサーヴィスをされています。

お二人ともお食事に来られると、ムッシュのお食事姿があまりにも美しいのです。

ナイフフォークの使い方はもちろん、ナプキンで口を拭く仕草もまた美しく、

何から何まで自然でとても上品でエレガントなのです。

(昔、酔っぱらってバスの吊革につかまってグニャグニャとタコみたいになっていた人と同一人物かしら???)

ムッシュと一緒にお食事される方は、超ラッキー!

ぜひ真似していただきたいと思います!

(もちろんわたくしも参考にしておりますし、サーヴィスで判らない事はここぞと質問攻めでございます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ごもっとも!

 

 

 

 

暖かい日が続いて喜んでいたのに、昨日今日はまた寒く…、

着るものに困るこの頃です。

 

先日、テレビで面白い番組を観ました。

番組の中で、炒飯の作り方について、

ご飯がベチャベチャにならない作り方を中華料理のシェフが実演されていました。

材料はいたってシンプルに、白ごはん、塩、玉子、ネギ。それだけです。

レポーターの方が、丁寧に作られたその炒飯のお値段を聞いたら、

「1,200円です」と中華のシェフ。

値段を聞いた、テレビスタジオにいるゲストが思わず

「高っ!」「だって具は卵とネギだけじゃないですか!?」

 

炒飯を作ったシェフは「技術料です」とおっしゃっていました。

ごもっとも、モノ=値段ではないですよね、

熟練したプロの料理人に作ってもらっているのですから!

(皆さん、ソコを忘れがちです…。)

 

お店で食事をする時もしかり、お皿の上のお料理は、イコール 材料費だけではありません。

お皿の上のお料理には、食材はもちろんのこと、家賃・光熱費・人件費、電話代、

消耗品、ほか諸経費など、店の維持費全てが含まれているのです。

もちろん「商売」ですからお店の利益も必要です。

そして、プロの料理人が調理しているのです。

 

ちょっと違う視点でお皿の上のお料理を見てみるとおもしろいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


早い者勝ちー!

 

 

 

今日は、暖かい一日でした。

皆さまは、花粉症は大丈夫ですか? 

 

好評につき、あと数人前のご用意ですが、「エゾ鹿もも肉の赤ワイン煮」がございます!

 

ランチタイム、ディナータイムどちらでも追加料金なしでお選びいただけますが、

残り少なくなってまいりましたので、売り切れの際はご容赦くださいませ。

 

皆さまのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 


悩めるワイン

 

 

 

よく、お客様から「ハーフボトルのワインはないのですか?」と尋ねられますが、

残念ながら、当店にはハーフボトルはご用意がありません。

 

当たり前ですが、量はフルボトルの半分です。

しかし、量が半分だからと言って、単純にお値段も半分と思いがちですが、そうではありません。

かえって割高になり、値付けに困ってしましうのが現状で、

赤だとハーフボトルでも消費税を入れますと3,000円を超えそうです。

 

当店にはフルボトルのご用意しかございませんが、飲み残されたワインはお持ち帰りいただけますし、

もしくは、お料理に合わせて何種類かのワインをお召し上がりいただくかになります。

グラスワインのメニューの「カラフェ」でのご提供も前向きにシェフと相談しております。

少しお時間をちょうだいしますが、今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新しいワイン

  

 

 

 

ずいぶん暖かい日もありますが、寒暖の差にいまいち身体がついてゆきません!

皆さまは、お元気に過ごされていますか?

 

先月は初めて「京都レストラン ウインタースペシャル」に参加いたしまして、

おかげさまで、例年静かなはずの2月も、いつもより賑やかになりました。

ご来店下さいましたお客様、誠にありがとうございました!

 

酒屋さんで在庫が切れてしまったり、しばらくの間ほったらかしで、

手付かずだったワインリストの見直しをぼちぼち始めました。

今月中には出来上がる予定です。

 

シャンパーニュは新たに2種類、ブルゴーニュ マコネの白が3種類、

コート・シャロネーズの赤が1種類、コートデュローヌのロゼ 1種類

南西地方の貴腐ワイン 1種類が新たにリストに加わります!

 

フランス南西地方の「モンバジャック」は、

貴腐ワインで有名なソーテルヌのトップクラスに負けずとも劣らない品質です!

(貴腐ワインは、造る過程の難しさや原料となるブドウ自体が貴重なので高級ワインに分類されます。

成熟した特定のブドウに貴腐菌が繁殖して、なおかつ特定の気候条件が揃う場合のみ「貴腐ブドウ」に成長します。)

 

甘いワインがお好きでない方もいらっしゃいますが、

チーズやデザートと合わせると、とても美味しくいただけます♪(クラクラッとするほどおいしいです)

モンバジャックはボトル売りですが、グラスワインではソーテルヌの貴腐ワインも置いております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


期待をうらぎらない味

 

 

 

 

 

お客様に美味しいトマトをいただきました!

長崎の大島トマトです。

 

月曜日にいただきましたが、食べたいのをガマンして金曜から食べ始めました。

「まだ酸っぱくて、なかなか頑固だよ」と仰っていましたが…。

いえいえ、たいへん美味しかったです!

トマトが苦手だという人も、このトマトを食べたら好きになるんじゃないかしら!?

というくらい美味しいです。

こんなに美味しいトマトを、いつもありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最近の、お昼のお肉料理

 

 

お昼のコースでお選びいただけるお肉料理のひとつ、「鶏肉の煮込み スタンレー」。

 

 

自家製のベシャメルソース(ホワイトソース)にほんのりカレーの風味を付けた鶏肉の煮込みです。

皮は取り除いており、鶏肉は淡白なので、身をほぐしてしまってソースに絡めてお召し上がりください!

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/29PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

Click for パリ, フランス Forecast

Click for Verdun-sur-Meuse, France Forecast

Weather Paris


others